HOME>オススメ情報>予算と住宅設計のシミュレーションをしておこう

なぜ建てる人が増えているのか

部屋

注文住宅という選択をする人は全国的に増えており、大阪も例外ではありません。注文住宅といえばお金持ちが建てるものと長年認識されていましたが、現在は意外と安く建てられるという情報が広まったことで選択肢にする人が増えています。大阪で注文住宅を建てる場合は、フルオーダーとセミオーダーという選択肢があり、前者は相当に高額になるのに対して、後者は建売住宅とそれほど変わりません。こだわりたい場所を追求できるのが注文住宅ですが、同時にコストダウンをする場所も自由に決められます。例えば玄関と収納スペースにはお金をかけて、家全体に使用する建材は少しレベルを落とすなどしてコストを抑えられるわけです。注文住宅は住宅設計に加えて、予算も施主が自由に決められるメリットがあります。

予算はある程度増えるものと想定する

住宅模型

大阪で注文住宅を建てた人からよく聞かれるのが、当初の予算をオーバーしてしまったという話です。注文住宅の建設はリフォームやリノベーションと似ていると言われており、あとから追加で依頼したい工事が発生するケースが多いです。当初の予算は3,000万円だったけど、結果的に3,500万円かかった、といった話は少なくありません。予算は曖昧に決める人がいますが、絶対にこれは超えないという上限額は設定しておきましょう。

入念な住宅設計をしよう

家族

注文住宅の設計は難易度が高く、完成後にイメージどおりに仕上がらなかったという声があります。注文住宅というのは完成してみるまで、居住している状況をイメージしにくい現実があります。また生活が始まってから見えてくる問題点もあるため、住宅設計には十分すぎるほど時間をかけましょう。大阪で注文住宅を建てる前には、さまざまな建売住宅を見学しつつ、イメージを膨らませていくのがおすすめです。快適性を追求するよりも、不便をいかに減らすか考えたほうがうまくいきやすいです。

広告募集中